血血小板減少症犬闘病ブログ – TOBYO : 血小板減少症の闘病記・ブログ 2件

我が家のワンコ(ポメラニアン・♀当時5歳8ヶ月)が2012年6月12日、免疫介在性血小板減少症と診断されました。それから(現在も)闘病生活をしているのですが、私自身この病気の事を色々調べようと思った時に情報が凄く少なく(その少ない情報でも、ある事で凄く参考になり助かりました

我が家のワンコ(ポメラニアン・女の子)が免疫介在性血小板減少症を発症。2012年6月12日から始まった闘病記録。我が家の老犬(チワワ・オス)も8月中旬から介護生活が始まりました。

我が家のワンコ(ポメラニアン・女の子)が免疫介在性血小板減少症を発症。2012年6月12日から始まった闘病記録。我が家の老犬(チワワ・オス)も8月中旬から介護生活が始まりました。

最新の血小板減少症の治療指針です。副作用で苦しむぐらいなら、薬を 犬の血小板減少症との闘い4 | ぷー太と一緒に . ホーム ピグ アメブロ. 芸能人ブログ 人気 ようやく闘病生活はひと段落しました。

血小板が減少する病態はいくつかありますが、 簡単に言ってしまえば、 1.血小板を造る場所である骨髄の病気あるいは骨髄に影響するような病気のために、血小板の産生が減少している場合. 2.血栓症や血栓ができやすい状態で血小板が消費されている場合

以前のブログに書いたように、冬虫夏草と田七人参は、血小板減少症からぷー太の命を救ってくれた、私にとってはいわば神様のような生薬です。 田七人参は、出血が止まる

すぐに結果が出て、案の定 免疫介在性血小板減少症でした。 血小板の数はなんと、最低の0。 採血した場所もなかなか血は止まってくれず、真っ青に腫れていました。 もちろん即入院です。先生の表情も深

犬の免疫性疾患の病気に、免疫介在性血小板減少症と免疫介在性溶血性貧血という病気があります。病名は似ていますが、完治することは難しく、症状は異なり症状が悪化すると、死亡率も高まることから、早期の発見・治療が余命を伸ばす上でとても重要になってくるのです。

犬の血小板減少症(けっしょうばんげんしょうしょう)について病態、症状、原因、治療法別に解説します。病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い犬の症状を説明するときの参考としてお読みください。

犬の血小板減少症! 現在 闘病中です。ミニチュアダックスの7歳になる男の子です。今は ずっとお世話になっている獣医さんのもとで診てもらっています。ネットから得られる情報 書物を読み・・・この子にとっての最善の方法を選

Read: 10219

特発性血小板減少性紫斑病ブログの人気ブログランキング、ブログ検索、最新記事表示が大人気のブログ総合サイト。ランキング参加者募集中です(無料)。 – 病気ブログ

Jul 30, 2019 · 昨年7月に旦那が「特発性血小板減少性紫斑病」を発病してから6ヶ月半が過ぎました。昨年11月までに順調に回復し、プレゾニドロン2、5mgで9月18日213、000から11月27日184、000と安定し、このままでいけるのかなあ~と思いかけた矢先、何の自覚症状もないまま1月9日82、000と下がってしまいました。

「血小板減少症」という病気で「血小板0」と聞くと、激しく吐血したり真っ赤な尿が出たり、目や耳や小さな傷から大量に流血する姿を想像して恐怖を覚えるオーナーさんも居ると思います。私もそうでし

犬 闘病生活ブログの人気ブログランキングは数多くの人気ブログが集まるブログランキングサイトです。 甲状腺機能低下症・膀胱結石・副腎 血小板減少についても書いてます

犬では、原発性の免疫介在性好中球減少症が、血小板減少症の原因ですが、猫で起こることは稀です。ストレス、気温の変化、ホルモンバランスの変化、ワクチン接種、手術などが要因となって起こること

初めまして、現在生後約100日になるトイプードルの♀を飼っております。約1ヶ月前にフードを食べない為、病院に行き低血糖、寄生虫(ジアルジア、コロナウイルス)、免疫介在性血小板減少症(仮)と診断されました。入院し、その後投薬を

Jan 29, 2018 · 頼りきっていた免疫抑制剤シクロスポリンも効かなくなり、紫斑が消えず、血小板もゼロに。血小板減少症の再発を宣告され、、あきらめかけていたころ漢方の存在を知らせてくれたのがこちらのブログでした。1杏仁と同じ血小板減少症を克服された。

tobyo(闘病)は、60000件以上の闘病記・ブログに蓄積された、患者の貴重な体験や知識へアクセスできる最大級の闘病ポータルです。 特発性血小板減少性紫斑病の闘病記・ブログ

特発性血小板減少性紫斑病ブログの人気ブログランキングは数多くの人気ブログが集まるブログランキングサイトです。 がん 闘病記(現在進行形) 本態性血小板血症;

Nov 03, 2019 · ジャスミンの病気は、[免疫介在性血小板減少症]と[免疫介在性溶血性貧血]の続発でした。何らかの原因で免疫の働きに異常が起こり、自分の血球(赤血球、白血球、血小板)を外敵と認識して破壊する病気。

tobyo(闘病)は、60000件以上の闘病記・ブログに蓄積された、患者の貴重な体験や知識へアクセスできる最大級の闘病ポータルです。 血小板減少症の闘病記・ブログ

闘病生活ブログ. 闘病生活してる上で色んな困難があると思いますが、闘病のご本人や看病してるかた、皆さんでトラックバックしあいませんか? 高尿酸血症・痛風 特発性血小板減少性紫斑病

医院ブログです。浜松市北区初生町で犬・猫・うさぎの診療なら佐野獣医科病院。駐車場15台完備。土曜も診療しているとても通いやすい動物病院です。小豆餅、萩丘、有玉西町、有玉台、葵東など周辺地域からの来院もお待ちしております。

膵炎ブログの人気ブログランキング、ブログ検索、最新記事表示が大人気のブログ総合サイト。 本態性血小板血症; 血栓性血小板減少性紫斑病

舌がんブログの人気ブログランキングは数多くの人気ブログが集まるブログランキングサイトです。(参加無料) – 病気

セミナー名 愛犬・愛猫の免疫介在性血小板減少症 or 免疫介在性溶血性貧血の原因を探るセミナー2017. 対象 ペットの食事・原因療法に興味のある方 2017年11月23日(木・祝) 14時30分〜16時00分 会場 須崎動物病院セミナールーム(先着20名)

犬の血小板の異常である血小板増加症と血小板減少症について解説しました。 検査結果が正常値を外れている場合でも、必ずしも病気とは限りません。病気は、血液検査のみならず身体検査や他の検査も行って診断していきます。

2014年8月、突然原因不明の免疫介在性血小板減少症になったうちの愛犬(チワシー)の闘病日記です。 犬 闘病生活 etcジャンルは問いませんので、じゃんじゃんTBして、犬ブログの輪を広げましょう!

Aug 01, 2019 · ブログトップへ戻る 闘病記はここから入れます 血小板増多症・骨髄線維症闘病記は、上のバナーまたは、下のカテゴリー闘病記より入れます。 ★白目がまっ赤に充血していることについては、血小板が減少して、出血しやすくなっていることと関係

特発性血小板減少性紫斑病(itp)の闘病日記. itpの情報交換や交流ができたらいいなと思っています。アメンバー申請は日頃からコメントやメッセージにて何度か交流のある女性の方限定です。

2014年8月、突然原因不明の免疫介在性血小板減少症になったうちの愛犬(チワシー)の闘病日記です。

そういえば、 血小板減少症 を発症する犬が以前に比べて増えているらしい。 これは開業してる複数の獣医さんの話で、k先生は『昔に比べて血液検査をする犬が 増えたから発見される割合が増えたせいかもしれない』と言っていた。

それともみんなのパワーのおかげで3年だったの?血小板は下がるばかり。悲しすぎて涙も出なかったわ。でも夕方ずっとお付き合いしている先輩エアママさんが『できる事は言ってね。輸血でも何免疫介在性血小板減少症

現在の病院で血液検査やクームス検査等を経て「免疫介在性血小板減少症」と診断されました。 BOMBO君のブログ. mixiのアカウント「BOMBO犬」で、闘病記を書いています。

ブログトップへ戻る 闘病記はここから入れます 血小板増多症・骨髄線維症闘病記は、上のバナーまたは、下のカテゴリー闘病記より入れます。 ★白目がまっ赤に充血していることについては、血小板が減少して、出血しやすくなっていることと関係

犬の免疫介在性血小板減少症。大阪市淀川区・吹田市で動物病院をお探しなら淀川中央動物病院へご相談下さい

的な’|’犬の免疫介在性溶血性貧血 免疫介在性血小板減少症免疫の暴走で血小板を壊しまくってる状態です。この病気のやっかいな所は「元気はあり、食欲不振などもない」という点。 お久しぶりのブログ

免疫介在性血小板減少症の、治療をして1ヶ月以上たちましたが、血小板は増えず、ステロイドの副作用で肝臓や赤血球の数値も上がってきてしまいました。 免疫抑制剤はセルセプトをつかってますが、 これが効いてないと言うことなのでしょうか?

キャバリア飼いの間では当たり前の話ではありますが・・・キャバリアは巨大血小板をもつコが多く、機械が大き過ぎる血小板を血小板だと認識できないため、血球検査では低値と出てしまうことが多いと言われています。塗抹を見て、血小板がちゃんとある場合は問題なし。

今朝ほど、わんこ(2歳9ヶ月トイプードル♀)のお腹に赤いあざのようなものを見つけ、獣医さんへ行ったところ『免疫介在性血小板減少症』と診断されました。入院をといわれたのですが、離れてしまうこと・ゲージをかじってしまうことの

特発性血小板減少症紫斑病(itp)になりました。 成人(30代)で急性型の特発性血小板減少症紫斑病(itp)にり患しました。 まだまだ闘病中です。不安いっぱい!

ブログトップへ戻る 半島の写真、風景散歩写真、写真詩などを掲載しています。 闘病記はここから入れます 血小板増多症・骨髄線維症闘病記は、上のバナーまたは、下のカテゴリー闘病記より入れます。 血小板が減少するタイプで、今のところは月

犬には血小板減少症という怖い病気があります。 血液の中には血小板があります。 この血小板が減少してしまう病気を血小板減少症と呼びます。 血小板には出血を止める働きがあります。 怪我をしても出血

血小板が減少するほどの出血が認められなかった事と、もしそれほどの出血があったのであれば循環血液量の低下から体温が下がるはずです。しかし、本ケースでは発熱が認められました。したがって出血が先ではないと考えられます。となると、赤血球や

指定した記事をブログ村の中で非表示にしたり、削除したりできます。非表示の場合は、再度表示に戻せます。 画像が取得されていないときは、ブログ側にogp(メタタグ)の設置が必要になる場合があります。

特発性血小板減少性紫斑病の治療法【医療費助成の対象?】 特発性血小板減少性紫斑病は非常に特殊な病気であり一般の方々におきましては名前すら聞いたことが無い病気の一つでしょう。. そのため、治療方法や症状、原因や検査方法などを知っている人も少ない病気となっております。

犬の血小板減少症 いくつかの過程があるのですが、本症例では血小板が極端に少ないことが分かりました。血小板の減少には消費が増えたか、生産されていないかのどちらかです。 Yahoo!ブログからの

ブログをそのまま引越しました。 内容は今までと同じ特発性血小板減少性紫斑病(itp)の闘病日記です。 今後はこちらの方で更新していきますので宜しくお願いします。

tobyo(闘病)は、60000件以上の闘病記・ブログに蓄積された、患者の貴重な体験や知識へアクセスできる最大級の闘病ポータルです。 「特発性血小板減少症」の闘病記・ブログ

この薬の副作用はどんなものなんでしょう。一般的には、白血球減少、血小板減少などの造血器の障害、嘔吐、食欲不振、悪心、嘔気などなどザ・副作用の文字が並びます。おまけに、主治医には「ごくまれに二次がんの可能性もあります」と言われました。

今年の3月に血小板減少症と診断されステロイドと免疫抑制剤飲んでますが、一向に上がりません。もう8ヶ月経ちました。血小板だけが0に等しく他の数値は正常なのですが、血小板減少症の他に考えられる病気はありますか?

血小板増多症とは. 血小板増多症とはその名の通り、血液成分の1つである血小板が通常の値よりも増えてしまうことです。血小板は我々の血管が傷ついた際に傷口に付着することで傷口を塞いで止血したり、免疫反応や炎症反応に大きく関係しています。

闘病ブログ・病気の治療記録・体験談ブログなどを、効率よく検索・閲覧することができるサービスです。病名検索、カテゴリー・五十音索引などで絞り込み、性別・おおまかな年齢・病名などを参考に、欲しい情報がありそうなブログを見つけてください。

成人(30代)で急性型の特発性血小板減少症紫斑病(ITP)にり患しました。 まだまだ闘病中です。不安いっぱい!

特発性血小板減少性紫斑病闘病日記 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の闘病日記です 原因としては、肝硬変などによる門脈圧亢進症、白血病・骨髄増殖性疾患・感染症などの浸潤性疾患の2種があります。 gooブログ おすすめ. 最新記事一覧

犬 – マルチーズ花子(女、8歳3ヶ月、避妊)が25日に入院しました。 病名は血小板減少症のようです。 1.25日に花子の下腹部に赤紫の斑点が数箇所あるのに気付いた。食欲はあり元気であるが腹(腸)が

ペット(犬)ランキングにほんブログ村にほんブログ村自己免疫性血小板減少症. 気温ー7.6度~ー1.1度雪はふわふわと降ってるけど穏やかな朝である♪ただ・・・ぼんぼんのマネをして干してるものをジャンプしてとってガジガジは穏やかではないのこころ

・ ・ ・ 「なまけ闘病記」は 難病者の 難病者による 本日も、なまけ日和(全身性エリテマトーデス男・血小板減少症itp) sle・itp闘病記; まとめ記事 並行して執筆やブログ等での情報発信を続けている。

人気ブログ ランキング ブログトップ. 免疫介在性血小板減少症372~378日目(再発3~9日目) 372日目(再発3日目) 犬服工房さんの型紙で作ってみた!

昨日で入院4日目 血小板の数値は4000から28000まで増加 しましたが、それでもまだまだ足りません。 薬の効果が出始めるなら今日あたりからと言う話です。 早く元気になってほしいな 今になって思えば、症状には気付いていたはずなのに、、、